とても大事なこと。

こんにちは、掃除も一段落。
相変わらず暇なので3回目の更新です。(^▽^;)
先ほどはおもしろ画像でしたが
今回は感動するお話を。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
「おばちゃんのおまじない」
このお話はある美容師が体験した実話です。
それまで知らなかった。
自分の仕事で人の命を永らえる事が出来るなんて。
今から10年前。
私の父は生きて退院する人の方が少ない病棟にいた。
病名はガン。
そのフロアには、他の病棟では
もう見られないほどの
末期の患者さんがたくさんいた。
男性、女性とも同じフロアで、
ただ先生の言葉にしたがい
希望のない明日におびえて生きていた。
今まで病気一つした事のない父は、
その中で異質な程明るかった。
自然と言葉を交わす人達が増え、
見舞いに行く私にも
気さくに話かけてくれるようになった。
ある日父が言った。
「頭がかゆい」
そのフロアの中央にナースセンターと並んで
サロンにあるようなサイドシャン用のシャンプー台があった。
そのフロアの住人達は皆、
首から上の大手術をした患者ばかり。
私の父も、線路のような長く大きい生々しい傷があった。
「他に出来ることないかなぁ…」
先生に尋ねてみることにした。
予想に反して「OK」がでた・・・
出てしまった・・・。
実を言うと傷にシャンプーをつけるのが・・・
傷を触るのが・・・
ちょっと恐ろしかった。
腹をくくった。
いつも通りに仕事をしてると思えばいい。
ただ痛いといけないから水圧も洗い方もちょっと弱めに。
指が傷に触れた。
ちょっと動揺した。
「心配するなー。気持ちいぞー。」
父が言った。
アシスタントの時ですらかかなかった
何ともいえない汗を
Tシャツがビショビショになるほどかいていた。
ふと気づくと、娘にいつもお菓子をくれるおばちゃんが立っていた。
「やだー。あんた美容師さんだったのー!!」
こんな所にいなきゃ病人だとは絶対に思えない、
そのおばちゃんが大きな声で笑って言った。
次の週。
見舞いに行くと
シャンプーの予約が6件も入っていた。
女の人ばかりだった。
彼女たちは手術のために頭を半分、
丸坊主にされているという
何とも言えないスタイルだったが、やはり女性。
「きれいにしていたい」
と言った。
シャンプーをしている間、彼女達は実によくしゃべった。
色々な事を話してくれた。
あっけらかんと笑いながら、
自分の残された時間までも。
週が重なるごとに
週1回では間に合わない位、
シャンプーの予約が入り、
私は売れっ子の様だった。
それから1ヶ月。
大きな声のそのおばちゃんは死んだ。
前日仕事場に父から電話があり
「おばちゃんがどうしても頭やってくれってきかない」
と言われ、仕方なく道具をもって病院に行った。
確かに図々しいおばちゃんだが、
無理難題を言う人じゃなかった。
不思議に思いながら
いつも通りシャンプーをした。
傷にはもう慣れていた。
だから手が雑だったんだろう。
おばちゃんは私に何度も洗い直しをさせた。
「おいおい私はシャンプーギャルじゃないんだからさぁ・・・」
心の中では思っていた。
すると、おばちゃんが言った。
「シャンプーしてもらってるとさぁ・・・
やってくれてる人の心の中の声って聞こえちゃんだよねー。
今、カンベンしてよって思ってんでしょう。
聞こえちゃったもんねー。
まあさぁ、私にとっちゃこれが人生最後の美容院なんだから、
あきらめて頑張って洗いなぁ!ガッハッハ」
息が詰まった。同時に正直
「このやろう!やってやろうじゃん!」
とも思った。
余計なことはいっさい考えなかった。
初めてその人のためにだけ無心でシャンプーした。
シャンプーが上がったおばちゃんは、こうも言った。
「私さぁ、本当ならもうとっくに寿命きれてんのよねー。
先生に言われたわぁー。
『岡田さんの娘さんに頭やってもらってたから、
寿命伸びたんじゃないの』ってねー。
最後に本当に心のこもったシャンプーをしてもらったし、
寿命まで伸ばしてもらって、
本当に感謝してるわぁー。ガッハッハ」
何にも言えなかった。
自分がした事が良い事だなんて、わからなかった。
ただ、おばちゃんのおかげで、
今まで自分は何と雑に仕事をしてきたのだろうと、ガクゼンとした。
洗いすぎて指先がフヨフヨになっていた。
おばちゃんはその手を見て、
「まだまだ綺麗な手。
そんな手、職人の手じゃないよー。
もっと荒れてごわごわになって、
そうしたら一人前だー。
見たかったけど残念だー。
でも、あんたは強い。
一生懸命、生きなさいよ。
人間、3分後に死んじゃうかもしれない。
心残りないように、
仕事も家庭も手を抜くんじゃないよ。
約束だからね。
破ったら化けて出るからね。ガッハッハ」
次の日の朝、おばちゃんは口紅をつけて死んでいった。
息子さんに
「ありがとうございます。
あなたのおかげで母は少しだけ欲張って生きました。」
と言われた。
父が死にそうになっても
泣かなかった私だが、
病院中に響き渡るほど大声で泣いた。
今、自分の手を見てみる。
今年で40才。
美容師はじめて21年。
まだまだ綺麗な手。
もっと荒れてゴワゴワにならないと。
心の声を聞かれても
困らないよう
「どうぞまた、この人と会えますように」
と願いながら仕事をしている自分がいる。
そんな自分が好きだ。
私は強い。
おばちゃんがかけてくれたおまじない。
もっと手が荒れて
ゴワゴワになったら一人前。
見てて、おばちゃん。
私はもっと頑張れる。
「感動シャンプー」
ある美容師とガッハッハおばちゃんの涙の物語
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
われわれ美容師だけじゃないけど
特に気をつけてやらないとなぁって思いました。
時々忘れがちになるけど絶対忘れてはいけないこと。
一期一会
一人一人に誠心誠意を持って接することが大事ですよね。


人気ブログランキングへ
感謝!!!
千葉市緑区おゆみ野の美容室
hair make Pics

043-291-5052


投稿日: 水曜日, 7月 24th, 2013@ 3:50 PM
カテゴリー: ブログ.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

関連記事

produced by atelier a-ngbサロン コンサル