今日、僕らがぼんやり生きてる1日は・・・

今日は晴れてるでもなく曇ってるでもなく。

なんとなく空を見上げると
くしゃみが出そうな天気です。

わかります?僕だけかな?^_^;


今日はちょっと真面目なことを書いても良いですか?

ダメって言われても書くんですがね。

なんとなくぼんやりと思ってることなんで
文章にまとまりが無いかもしれませんが
そこらへんは感じとって下さいね。


以前も話したかもしれませんが
昨年から同級生や仲間、
同世代の美容師さんなどの死が続いています。


必然的に自分自身のことも考えてしまうわけです。


それは、長生き出来るように
健康面のことを考えようとかじゃなく。

勿論それもあるんですが、
どちらかと言うと、どう生きるか。


いつ死ぬかは神のみぞ知ること。

自分が長生きしたいからといって
長生き出来るものでもないですよね。


自分が死んだとき。

多くの人に「良い人だったね」って言われたい。

家族に言って欲しい。

そんな願望があります。


他に残せるものも無いですからね。σ(^_^;)


そうなるためには誰かの役に立つことをしないと。

みんなに好かれるようなことをしないと。

みんなって言っても僕が嫌いな人はいいんです。

少なくとも僕が大好きな人には好きでいて欲しい。


人間なら当たり前の心理ですよね?



日々、仕事をし、お客様に喜んでもらえるように。

友達との何気ない会話も誰かを救うこともあるかもしれない。

現に僕は救われてますしね。


仕事でもプライベートでも不安を軽減し、
希望を与えることも出来るかもしれない。


何が出来るかを考える前に
いま出来ることを一生懸命やろうって。


今日、僕らがぼんやり生きてる1日は
昨日誰かが必死に生きたかった1日かもしれない。


そう思うと行動せずにはいられないんですよね。


そしてその行動は誰かを幸せにするための行動。


たてまえやきれいごとじゃ無くね。


話はちょっとずれるかもしれないけど、
子育てに関してもそう。


子供が欲しがるからといって何でも与えてあげる人。

それって間違えてないかな?


子育てって言ってみれば「子供大人化計画」ですよね。


親がいなくなっても
ひとりで
生きていけるようにすること。


何かあってもまわりに助けてもらえるような
そんな人に育てることだと思うんです。


あくまでも僕の考えなんですけどね。


先日16周年の記事を書いた時も言いましたが、
僕はこれまで多くの人に支えてもらいました。

だから僕の親の育て方は間違ってなかったんだと思う。


僕は親として出来てるのかなぁ・・・(;^_^A



死んだとき、残したモノはいずれなくなる。

でも記憶はいつまでも残りますよね。


多くの人に惜しまれ感謝されるように。


生きる意味ってそういうことなんじゃないかなって。


こういうことを書くと
本当にすぐ死んじゃいそうだけど。(笑)


死なないっすよ、
100まで生きるつもりだから。(˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)


まぁ「つもり」だけどわかんないけどね。



震災の後、いつどうなるかわからない。

そんな気持ちになった人は多いと思います。

僕もそうでした。

でもそのときは自分が悔いないように
いまを楽しもうとしか考えなかった。


でも近しい人が亡くなってちょっと変わりました。


自分も楽しみたいけどまわりを楽しませなきゃって。



自分が楽しめてないのに
まわりを楽しませることなんか
出来ないって話でもあるんですけどね。


やっぱまとまんないね。


なんか感じとってもらえれば幸いです。
(^^ゞ


ということで、
いつ死んでも良いように
エロサイトの履歴だけは消しときましょう。
( ›◡ु‹ )


では!(^-^)ノ~~





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

感謝!

043−291−5052

投稿日: 月曜日, 6月 16th, 2014@ 4:15 PM
カテゴリー: ブログ, メッセージ.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

produced by atelier a-ngbサロン コンサル