日本人はなぜ英語が苦手なのか

昨日、実はブログを書いてたんです。

あとはタイトルを入れるだけの状態のときに
変なとこ押しちゃって記事が消えてしまいました。

もう一度書き直す気にもならなくて
ふてくされて帰りました。σ(^_^;)


さて、今日のタイトル。

日本人って学校であんだけ英語の勉強してるのに
英語を話せない人多いですよね?

教え方の問題だったり内気な性格だったり
文法が日本語と違うとか理由は様々でしょう。


でも一番の原因は
日本語で通じるというのがあると思うんです。

ちょっとわかりづらいかな?


例えばフィリピンなんかだと
算数を教えるのに母国語だと無い言葉があるんですね。

だから算数の授業なんかは英語で受けるんです。

そうやって日常的に英語を使うから
必然的に喋られるようになりますよね?

では日本ではどうか?

明治維新後に西洋文化が日本に入って来ました。

今まで無かった物が入ってくるわけですから
当然そのものに日本語はありません。

すると当時の頭のいい日本人が
それらを日本語に訳しちゃったんですよね。

有名な人だと福沢諭吉とか。

あ、福沢諭吉は江戸時代からやってたのかな?


でね、全て日本語に変えちゃったから
英語を使わなくてもいいわけですよ。

教える方も受験のための英語でしょ?

「俺、外国とか行かないで
ずっと日本にいるから英語勉強しない」

みたいに言う
学生時代の僕みたいのが現れたりするわけ。
(笑)


英語に限らず日本の学校教育って
ほとんどそうですけどね。


大学受験しなかった僕は
とりあえず卒業出来ればいい。

そんな感じでした。

赤点とらずに出席日数が足りれば卒業で来ますからね。


そんな考えの僕だから
子供たちにも「勉強しなさい!」とか言いません。

「受験するんだったら勉強しないとね〜」
くらいなもんです。


で、これは昨夜の出来事なんですが、
中2の次女が
「ティーエッチイーってなんて読むんだっけ〜」

とか聞いて来たんですよ。

ティーエッチイー??

T・・・H・・・E・・・


THE



ザ!



!(´Д`;)


!(´Д`;)




!(´Д`;)





!(´Д`;)





ここまでおバカだったとは・・・
(;´Д`)ノ



諭吉め〜(`ε´)


いや、諭吉は関係ないね。
(;´▽`A“


学校教育の前に
家庭での教育を考えないといけないと
深く反省したたかさんでした。
(-。-;)


ということで、
Okay then, see you tomorrow
(あってるのかな?)笑


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

感謝!

043−291−5052

投稿日: 日曜日, 10月 19th, 2014@ 7:15 PM
カテゴリー: ブログ.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

関連記事

produced by atelier a-ngbサロン コンサル