東京上京物語4

タクシーを降り着いたお店は
あの雨宮良などが在籍していたTapTips。
いわゆるショーパブ。
後で聞いた話だと芸能人も良く来るお店らしい。
姉の後について行き通された席に座り
ドキドキしながら店内を見渡していた。
かっこいいウェイターさんが注文をとりに。
「まずはお飲物からお伺いしますが」
先に飲み物を聞いてくるところは
居酒屋と変わらないらしい。
「とりあえずビール」
(とりあえずとか言っちゃった!(´Д`;))
そこで姉の上司が
「弟さん飲むんだぁ、やるねぇ」
何を言ってるのかと思えば
未成年は飲んじゃいけないことを
すっかり忘れている少年T
「はぁ、すいません」σ(^_^;)
しばらくするとひときわオーラを放つ人が。
「いらっしゃ~い、お久しぶりじゃな~い」
私が初めて目にしたもの
それはオカマ。
今で言う綺麗系のニューハーフではなくオカマ。
彼女(彼?)の名はマンディ。
マ「あら、かわいいお客様」
姉「私の弟なんです~」
マ「あら、似てないわねぇ。弟さんの方が綺麗よ~」
そう言われても
どうリアクションをとって良いのかわからない少年T。
マ「今日はお姉さんところに遊びに来たの?」
T「いえ、美容学校の試験を受けに来ました」
マ「美容師になるの?やめときなさい。
  それより私の娘になりなさい
  美容師のお給料よりたくさんお小遣いあげるから」
T「いやぁ、それはちょっと・・・」
マ「いやぁ~ん、ますますかわいい~」
冗談に冗談で返すということがまだ出来ない少年T
それからショーが始まりました。
コントのようなものから本格的なダンス。
初めて見るそれはとても面白く素晴らしかった。
2時間ほどでお店を後にして姉とアパートへ。
明日は家に帰る日。
トウキョウナイトの興奮でなかなか眠れない。
やっぱ東京はすごかとこばい( ̄▽+ ̄*)
面接でのことをすっかり忘れている少年T。
翌朝姉の通勤時間に合わせてアパートを後に。
原宿で別れた後一人で羽田空港へ。
福岡空港へ着き電車で帰宅。
母「どやんやったね」
T「うん、楽しかった」
母「はぁ?試験が楽しかったと?」
ここでようやく面接のことを思い出す少年T
T「わからん」
そのまま自分の部屋へ行き荷物の整理。
「終わったもんはしょうがなか。」
そう思いながらも
「多分大丈夫やろ」
と根拠のない自信があった。
想像通り合格通知が来た。
しかしそのとき少年Tは無期停学中。
人生山あり谷ありというが
山と谷が同時にも来ることもあると知った
高校3年の秋だった。
つづくかも

人気ブログランキングへ
感謝!
千葉市緑区おゆみ野中央の美容室
hair make Pics
043-291-5052

投稿日: 月曜日, 9月 10th, 2012@ 6:37 PM
カテゴリー: ヒストリー.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

produced by atelier a-ngbサロン コンサル