正しいシャンプーのされ方。

なんでおばあちゃんって
あたかもこっちが知っていること前提
みたいな話し方をするんでしょうか?
「よしこさんがこの間そう言ってたのよ~」
よしこさんって誰?(^_^;)
「ちぃちゃんがなかなか帰らせてくれなくてね」
ちぃちゃんって誰?ヽ(;´ω`)ノ
ちなみによしこさんは近所のお友達らしい。
ちぃちゃんはそこの飼い犬らしいです。(-。-;)
まぁニコニコしながら会話してくれるおばあちゃんは
こっちも見てるだけで楽しくなりますがね。(*^▽^*)
さて、タイトルの「正しいシャンプーのされ方」
「あれ?仕方の間違いじゃないの?」とお思いの方。
間違いじゃありません。
これは美容室でシャンプーしてもらう時の
お客様への注意です。
例えばこめかみから耳の上辺りを流すとき。
たまに顔を横に向けている人がいます。
右を流す時は左を向いて
左を流す時は右を向いて。
おそらくですけど、耳の後ろを流す時に
そうやって流す美容師さんがいたんでしょう。
だから反射的に耳の上を流す時も
気を使ってやってるのかもしれません。
でもね、想像してください。
耳の上を流す時に
逆方向に顔を向けられると流しづらいんです。
お湯が耳に入りやすくなります。
耳に入らないように添えてる手の角度もきつくなる。
お客様はそのまままっすぐ
上を向いてる状態でいいんです。
それと一番多いのが襟足を流す時に
頭をすくっとあげる人。
正直頭というものは重いものです。
だから気を使ってなのか
自分で頭を上げちゃう人が結構います。
でもね、これも美容師としてはやりづらい。
持ち上げてる手は
首からお湯が入り込まないようにしてるんです。
お客さんが自分で頭を上げちゃうと
手と首の間に隙間が出来て
襟が濡れやすくなります。
力を抜いてていいんです。
完全に寝てる状態でいてください。
それとこれは子供に多いんですが、
フェイスシートがずれてきた時に
口を使って戻そうとする子がいます。
これは見てて面白いのでやってもかまいません。
( ´艸`)
以上、「正しいシャンプーのされ方」でした。
(^^ゞ
さて、本日も満員御礼。
明日は定休日になります。
早いもので今週で8月も終わり。
1年の3分の2が終わることになりますね。
最近ちょっとお疲れ気味。
明日はゆっくりしたいところですが
やらなければいけないことが山積みです。(-。-;)
とりあえず今日は帰宅してゆっくりいたします。
それではまた。(^-^)ノ~~


人気ブログランキングへ
感謝!
千葉市緑区おゆみ野の美容室
hair make Pics

043-291-5052


投稿日: 月曜日, 8月 26th, 2013@ 8:28 PM
カテゴリー: 美容・ヘアケア.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

produced by atelier a-ngbサロン コンサル