決断や判断基準は何ですか?

もうすっかり秋ですね。
秋といえば
「スポーツの秋」
「食欲の秋」
「芸術の秋」
「大野高明」
じゃなくて「読書の秋」
ということで、秋の夜長は読書に限ります。
すぐ寝ちゃうけど。(;´▽`A“
今回は北のワンピース好きのソムリエが紹介してた本を購入。
$髪に魂人に愛♪小手先ならお任せ下さい 自称人気美容師の美容師らしからぬブログ    いらっしゃ~い♪アホ~な美容師です♪
読み終わるのに何日かかるかな?(笑)
さて、話は変わって、
何かを決断しなければいけない時。
皆さんは何を基準に決めますか?
得か損か、正しいか正しくないか。
多分そういう人は多いんじゃないかと思います。
でもね、こういう基準で決めてると
良くないことが多々あります。
得か損か、これはよくわかると思います。
目先の得より先々のことを考え損する方を選ぶ。
そういうことって大事ですよね。
今日はパーマ&カラーでご予約のお客様がいらっしゃいました。
年配のショートのご婦人です。
前回のご来店は1ヶ月前。
そのときもパーマ&カラー。
お客様は
「パーマはかけた方が良いようだったらかけてください」と。
私は
「僕の生活を潤わせる為にはかけた方が良いけど
髪の潤いを保つ為には今回はかけない方がいいですね」
と答えました。(笑)
ええ、もちろん今回はパーマは無しです。
お店的には時間も空けてあるし
かけたい気は満々なんですけどね。
でもあえて損する方を選びました。
あ、決めたのはお客さんか。(^^ゞ
本当はかけてもお客様は何ら不満に思わなかったでしょう。
いつもクセづけ程度のゆるいパーマですからね。
でもこういうことの積み重ねで
信頼というものを得られるんだと思います。
次に正しいか正しくないか。
だいたい何が正しくて何が正しくないかなんてわかりません。
世間一般の常識?
みんながそうしてるから?
嘘って本来よくないものですが
「噓も方便」って言葉もありますよね。
正しくないものもときには正しかったりします。
結局決断した人のものさし次第ってこと。
これの主義主張をし合うと喧嘩になりますよね。
「私の意見が正しい」
「いいや、僕の意見が正しい!」みたいにね。
では何を基準に考えて行くか。
僕の場合は「楽しいか楽しくないか」
あるいは「やりたいかやりたくないか」
勿論決めるからには責任はもたなければいけません。
「今日は仕事したくない。外で遊んでこよう」
なんてことを思った場合は
「でもそんなことしたらお客様からの信用をなくして
お店の売り上げが下がるかもしれない。
そしたら収入が減って楽しくならない」
そう考えるから遊びにはいかずに仕事をするわけですよね?
もっとも仕事は楽しいですけどね。(*^▽^*)
「ケーキが食べたいなぁ。
でもこれを食べたら太るかもしれない。
そのぶん後で運動してカロリーを消費させればいいや」
「別にちょっとくらい太ってもいいや」
そう思えば食べればいいわけです。
「運動はしたくないなぁ」
「太ってデブって言われるのも嫌」
そう思う人は我慢した方がいいでしょう。
要は楽しいを選んだからにはその先のことを考えて
やるからには責任と覚悟が必要だってこと。
そして中途半端にやらずにとことんやるってこと。
これが大事だと思います。
それと勘違いされるといけないから言っときますけど
楽な方を選ぶというのは違いますよ。
「楽しくないから楽したい」
わかります?これって矛盾してるでしょ?
楽しいを否定して楽は出来ないんです。
例えば仕事が楽しくない。
早く就業時間が終わりになって楽したい。
そう思ってるときって仕事が終わるまで苦痛ですよね。
ちっとも楽しくない。
でしょ?
だから仕事を楽しむ。
仕事に楽しみを見つけ出す。
仕事に楽しいを取り入れる。
そうすればずっと楽しいし効率も上がるはずです。
あくまでもこれは僕の考え方ですけどね。(^^ゞ
「でも今の仕事はちっとも楽しくない」
「楽しみを見つけ出せる要素も無い」
「楽しいを取り入れるなんて無理」
そう思う人はその仕事は辞めた方がいいんでしょうね。
でも同じ仕事でもそれを楽しんでやってる人はいませんか?
向き不向きがあるんで
「自分には向いてない」と思うんなら仕方が無いけど
そうじゃなければ見方を変えてみることです。
花を見て綺麗だと思うのは花が綺麗だからじゃない。
綺麗だと思えるあなたの心が綺麗だから。

綺麗だと思わずに見過ごす人もいるんです。
気持ちの持ちかたひとつで見える世界は変わってきます。
そんなことを想う初秋の夜。
てか今日のブログは誰に向けて書いてるんだろうね?
σ(^_^;)
そんじゃまた明日!(^-^)ノ~~


人気ブログランキングへ
感謝!
千葉市緑区おゆみ野の美容室
hair make Pics

043-291-5052


投稿日: 日曜日, 9月 29th, 2013@ 7:06 PM
カテゴリー: ビジネス.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

produced by atelier a-ngbサロン コンサル