理解し支え合える環境を作ることが大事!

こんにちは、
曇り空の千葉市緑区おゆみ野です。
前回の記事で
スマイルカットにまた一歩近づいたと書きました。
カフェ・フラットではいろんなお話を聞かせて頂き
新たな気づきもありました。
うちのお客様で看護師さんがいます。
その方はそういった障がいがある子達と接していた経験から
「病気の子だと思わないで
見かけは大きくてもただの子供だと思って。」
そんなことを言われました。
僕はこの言葉を受け、例え中学生でも
4~5歳の子を扱うようにするのかなぁと思っていました。
これって違ってたんですね。
発達レベルが4~5歳なだけで精神的には中学生。
あまり子供扱いするとプライドが傷つくらしいです。
話す時は長い言葉や難しい言葉を使うと理解出来ないけど
接し方はあくまでも普通の中学生に接するようにとのこと。
なるほどなぁって思いました。
やっぱ話を聞きに行って良かったです。
それとね、「へぇ、こんなのもあるんだぁ」
って思ったのがこれ。↓

$髪に魂人に愛♪小手先ならお任せ下さい 自称人気美容師の美容師らしからぬブログ    いらっしゃ~い♪アホ~な美容師です♪
障がい者向けのファッション&情報誌
表紙のモデルになってる二人も障がい者です。
$髪に魂人に愛♪小手先ならお任せ下さい 自称人気美容師の美容師らしからぬブログ    いらっしゃ~い♪アホ~な美容師です♪
メイクの仕方なども載ってます。
当たり前なのかもしれないけど
彼女達だって綺麗になりたいし
おしゃれを楽しみたいんですよね。
また、こういった冊子があるということは
こういう子達がたくさんいるってこと。
それとお話を聞いて一番感じたのは
こういった子達が安心して過ごせる場所が
ひとつでも多くあるべきだということです。
美容室にかぎらず、レストラン・カフェ
病院からブティックetc・・・
それにはまず社会がもっと理解し
支え合える環境を作らなければいけないということ。
今回は僕は動き出し
スマイルカットが出来そうな感じになりました。
スマイルカットの赤松氏の講演を聴いた人の中で
何人の人が始められるかはわかりません。
でも少なくとも障がい児に対する
理解は深まったのではないかなと。
これだけでも大きなことだと思います。
だから僕も出来うる限り発信しなければと思いました。
アホ~ですけどね、これも小さな一歩かなと思います。
(^^ゞ
さてさて、今日はちょっと暇そうなので
お掃除でも頑張っちゃいます。
ということで、じゃ!(^-^)ノ~~

クリックしてね。

人気ブログランキングへ
感謝!
千葉市緑区おゆみ野の美容室
hair make Pics

043-291-5052


投稿日: 水曜日, 7月 24th, 2013@ 11:29 AM
カテゴリー: ブログ.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

関連記事

produced by atelier a-ngbサロン コンサル