職人たるもの・・・

12月も半ばになり
年内残すところ3週間を切りました。

愛用のハサミも研ぎに出し
指を切るほど切れ味絶好調です!(笑)


さて、職人たるもの
道具は大事にしなければなりません。

ハサミも定期的にメンテナンスしてもらうわけですが
最近の若い美容師さんは割りと無頓着な人も多いとか。

2年以上研ぎにも出さないで
切れ味が落ちてることに気づかない人もいるそうです。

それどころか
研いで切れ味が良くなったことすら
わからない人もいるとか。

嘆かわしいというか

「今後の美容師界は大丈夫か?」

などと思ってしまいます。

確かに多少切れ味が落ちたからって
スタイル作りには影響しませんよ?

作り手の気持ちの問題かもしれません。

だけど道具に対する愛情というか
そういうことって大事だと思うんですよね。


先日、福岡から来るお客ちゃんが
また来てくれました。

その時もそんな話になって
美容師のハサミがどれくらい切れるのかを
体感してもらいました。

ちょうど借りてたハサミがあったので
それといつも僕が使ってるやつとの違いを。


借りたやつも普通にいいハサミです。

素人さんなのでそれで切った感触も
「やっぱプロのハサミは違うんですね」
って言ってました。

そして僕の愛用のハサミを使わせてあげると
「なんですか!これは!!!」

もうね、言葉では言い表せられないんですよ。

サクッと切れるというか
切ってる抵抗が感じられないというか。

切られてるお客さんにはわからないかもしれません。

単なる自己満足かもしれません。

でもこれで仕事のモチベーションが上がるんですよ。

わかる人にはわかると思いますけど。

共感してくれる美容師さんも多いはず。

少なくとも僕の知り合いの
理・美容師さんはそうだと思う。


ということで、
ハサミの切れはいいが
ブログのキレが悪いたかさんでした。(^▽^;)

それではまた!(^-^)ノ~~






投稿日: 水曜日, 12月 13th, 2017@ 6:11 PM
カテゴリー: ブログ.




Picsサロンの魅力 Picsメニュー・料金 Pics店舗紹介
Picsご予約・お問い合わせ

関連記事

produced by atelier a-ngbサロン コンサル